聖地巡礼TOP

大学の若大将 (1961)監督・杉江敏男


開始より0:42 (東京都目黒区‎東が丘‎1丁目‎)

若大将シリーズ第一作目。
若大将こと田沼雄一(加山雄三)は京南大学の水泳部。 ライバルの西北大学との対抗試合を控え練習に励んでいる。
訳あって、田沼は植木屋に住み込みでアルバイトをする。
ある日、仕事の手伝いで植木の手入れをしていると、そこに偶然、澄子(星由里子)が通りかかる。





(撮影・2014・05・07)

ここが何処なのかは、今まで何回も見たことのあるこの作品を、また何気なく見ていて偶然発見した。
澄子の背景に鉄筋の建物が見える。これに目が吸い寄せられた。
「これは、もしかしてあれ?」
「日本一の若大将」でのマラソンコースを検証していた時に、ここだけが何処なのか最後まで分からず(麻布田能久さんと鰤ほぐしさんにより特定済み)、液晶画面に穴が開くほど見つめたあの建物、駒沢公園に隣接する国立東京第二病院(現東京医療センター)ではないだろうか。
いや、きっとそうに違いない。駒沢公園近辺なら東宝娯楽映画のロケ地として充分あり得る。
現在は国立東京第二病院のこの建物、すでに解体され建て替えられているので、例によって1963年の航空写真から撮影位置を割り出してみる。ばっちりだ。間違いなし。




↑ 「日本一の若大将」からマラソンシーン。
背景に見える建物が国立東京第二病院。若大将らが走るこの道路は駒沢公園内(駒沢通りの南側)にあり、現在は存在しない。この現在は存在しない道路、というのがそれを探し求めている私達を悩ませた。



↑ 「大学の若大将」から。
こちらのシーンでは国立東京第二病院を「日本一の若大将」とは逆の北側から見ている。国立東京第二病院のこの棟は撮影時、建設途中のようで、建物の周りに足場が見える。





より大きな地図で 大学の若大将 を表示
聖地巡礼TOP