荻窪絶景TOP

天沼陸橋
東京都杉並区荻窪4丁目、阿佐ヶ谷南3丁目、天沼1丁目、上荻1丁目


(撮影・2011・06・10)

「天沼陸橋」とは青梅街道が中央線と交差している地点に架かる陸橋だ。
この陸橋はいつ出来たのだろう。少なくとも私が生まれた戦後まもなくの頃には存在していた。おそらく戦前に出来たものなのだと思う。今度調べてみることにしよう。
いつ張り付けられたのか、坂の頂上付近に「天沼橋」とか「あまぬまはし」と書かれたプレートが取り付けられている。しかしこの橋を「天沼橋」と呼んでいる人はいない。地元の人はただ「陸橋(りっきょう)」と呼んでいる。
必要なものなのだろうが、このフェンスのおかげでずいぶんと見晴らしの良くない場所になってしまった。



写真左上: 昔の陸橋の欄干は、頂上付近だけそれほど高くないコンクリートのフェンスがあり、それ以外はこのようなコンクリート柱に二本の鉄棒が貫通したものだった。現在でも一部にそれが残っている。以前は日本中どこにでも見られた形状のものだ。

写真右上: 現在はコンクリート柱の欄干はほとんど取り払われ、事故防止のためか、金属板のフェンスに置き換わっている。しかしそれにしてもこの絵はどうだ。何も描かないか、スプレーの落書きの方がまだマシだ。

写真左下: 坂の途中に出ることが出来る「階段」が何カ所かにある。

写真右下: このビル、公団住宅なのだが、相当に古い。荻窪で最初に出来た高層建築だろう。昭和30年代くらいに撮影された写真にはすでに写っている。



大きな地図で見る
荻窪絶景TOP