聖地巡礼TOP

喜劇 泥棒大家族 天下を盗る (1972)監督・坪島孝


クレージーシリーズの番外編ともいえる作品が1972年に公開されている(クレージーとはいってもハナ肇、石橋エータローは出演していないが)。それが本作品「喜劇 泥棒大家族 天下を盗る」だ。

福岡県の筑豊炭田。過疎化し住む人も少なくなった村の一角に、豪華な電化製品をズラリと並べた暮らしをする一族がいる。猪狩時之助(植木等)を親分格とする大万引き集団の住処である。



作品にテロップで

「実は、この村はひそかに泥棒村呼ばれ福岡県K村に実在している。村民二百余人は全て血縁で結ばれその前科は〆めて三百九氾、年に二億円の荒稼ぎを誇る日本一の大万引集団なのである。また彼らの言う『ひと航海』華麗なる出稼ぎが開始されたのである」
「この映画は、新聞記事にヒントを得たものですが、内容、人物、団体、地名等はフィクションであり、実在のものとは、一切関係ありません」

と出る。しかしその新聞記事(『こちら特報部・泥棒村潜入記』東京新聞、1971年1月3日〜1月15日に連載)に書かれていたことはもちろん実話で、福岡県に実在した窃盗集団を取材したものなのだそうだ。
実話が元、というのは脚色はされているとはいえ、これまでのクレージー作品とは真逆でこれも面白い。
この窃盗集団については、1966年に結城昌治(推理作家)により『白昼堂々』というタイトルで小説化もされている。


このサイトの読者様から「喜劇 泥棒大家族 天下を盗る」のロケ地が何処なのかを知りたい、とのメールを頂いた。読者様はこの作品にとても興味を持ち、原作にある福岡県の田川郡川崎町まで行ってみたとのこと。しかしロケ地特定には至らなかったそうだ。
作品を見返してみると、確かにどこかの炭鉱跡をロケ地にしてはいるようだが、九州の筑豊炭田と特定できるような明確な材料が映らない。「西鉄」の路線バス(福岡県を中心に運行)が村にやって来るくるくらいのものか。これは難しそうだ。

いつもロケ地を一緒に考えている知人に相談してみた。
その中のHさんは

「この『西鉄バス』は怪しいですよ」と言う。
「中古のバスに塗装したのかも知れませんね。後部の『鉄』の文字が粗い気がします。前面の『方向幕』の文字も手書きですね。それに、1972年にこんな古い型のバスを大手の西鉄が使っていたと思えません。これは確実にこの作品用に作った劇用車だと思います。」



なるほど、中古バスを塗装しなおして西鉄バスに見せ、さりげなく福岡県に「見せよう」としているのかもしれない。もしそうなら、ここは福岡県ではないということだ。(考え方がひねくれている?)
Hさんはさらに決定的なことを見つける。

「劇中『東タクシー』というタクシーが登場するのですが、この会社は茨城県高萩市にあるタクシー会社でした。『東タクシー』の営業エリアは『県北交通圏(日立市・高萩市・北茨城市・常陸太田市・常陸大宮市・城里町・大子町)』となりますので、この圏内のどこかにある「炭鉱跡」ではないでしょうか? 車体のカラーも当時と同じです。屋根についている星形の行灯(あんどん)も同じです。」


↑ 写真上:作品中に登場する「東タクシー」写真下:現在の「東タクシー」

茨城県!
茨城県北部というと、福島県から広がっている常磐炭田の一部だ。撮影地は九州の筑豊炭田ではなく、常磐炭田なのだろうか。
「西鉄バス」も「東タクシー」も福岡ナンバーを付けてはいるが、これはどうにでもなる。

現在は廃坑になっている常磐炭田の設備跡を訪ねたサイトを、いくつかHさんが見つけてきてくれた。その中でも「歩鉄の達人」さんというサイトの中に、茨城県にある「神ノ山鉱」という炭鉱跡を訪ねた記事があり、巨大なコンクリートの建造物が写った写真が掲載されていた。写真使用の許可が頂けたのでここに転載させていただく。

↓ まずは映画からの一場面を見てみよう。背景に二基の巨大なコンクリートの建造物が見える。



↓ そしてこちらが「歩鉄の達人」さんに掲載されている写真。


↑(写真出典・「歩鉄の達人」さん 撮影:2012・03・04)

二基のコンクリートの建造物の形状、配置が一致している。
まず間違いないだろう。映画のロケ地は「茨城県北茨城市関本町八反」に存在した「神ノ山鉱」だ。

この巨大なコンクリートの建造物は何か。これは「貯鉱槽」と呼ばれるものだそうだ、採掘された石炭が上部に貯えられ、引込線により下部に入り込んだ貨車に「ホッパー」と呼ばれる「じょうご」のような装置を使って石炭が落とし込まれる仕組みになっている。

やはりロケ地探索の知り合い、Tさんはこの「神ノ山鉱」が写っている1960年代の航空写真を示してくれた。上記の二基の「貯鉱槽」がはっきり写っている。(「橋」と示してあるのは後述)



↑ これは現在の航空写真。廃鉱になっているので粗方の施設は解体、更地化されているが二基の「貯鉱槽」だけは現在も残っているのが分かる。(2020・Googl Earth)


↓ 映画に登場する炭鉱は、橋を渡ると入り口になっている。映画の冒頭では例の「西鉄バス」が渡った橋だ。これもTさんが特定。






映画を見ていると、福岡県の筑豊炭田だとばかり信じていたのが、実は茨城県の常磐炭田。これだから映画は面白い。
しかし意外なロケ地だと分かり、お尋ねになられた読者様、もしかしたら、がっかりされはしなかっただろうか。
今回は意外なロケ地だったせいもあるのか、特定作業、とても楽しませていただきました。お尋ねいただきありがとうございました。

(協力:原田さん・麻布田能久さん 写真提供:「歩鉄の達人」さん)


聖地巡礼TOP