「赤青メガネを入手するには」

「ありえないはずの東宝作品3D画像」を立体でご覧になるには「赤青メガネ」が必要です。
この「ありえないはずの東宝作品3D画像」以外にもネット上にたくさんあるアナグリフ方式の立体画像が楽しめますので、ぜひ入手されてはいかがでしょう。
1 自作する方法

文房具店、100円ショップなどで赤色と青色のセロファン(何色かがセットになっているものが便利です)を購入し、ボール紙をメガネ型に切り抜いたものに貼り付けます。右目が青、左目が赤になるように製作します。


2 商品として販売されている赤青メガネを購入する方法

赤青メガネは単体で販売もされています。
たとえば下記のところでは一枚80円(送料別)で販売されているようです。
STEREOeYe


3 書籍、ビデオソフトに付属されているものもあります

「3D−TOKYO」 アナグリフ立体写真集 1,995円 (税込)
東京の風景をアナグリフで紹介した写真集です。赤青メガネが1枚付属されています。

「3D−TOKYO」 ポストカード5枚セット 900円 (税込)
上記の写真集から5点をポストカードにしたものです。赤青メガネが5枚付属されています。

ポーラー・エクスプレス 3D (初回限定生産) [Blu-ray] 4,980円(税込)
CGアニメによる映画作品です。赤青メガネが4枚付属されています。
DVDではなくBlu-rayですのでご注意ください。DVD版は立体仕様ではなく赤青メガネも付属されていません。


上記の商品、販売業者については,入手方法の一例をご紹介したまでで、当サイトが推奨するものではありません。商品の内容、取引についてのトラブルには当サイトは一切の責任は負いません。
価格、仕様(付属メガネ等)などが変更になっている場合も考えられますのでご確認ください。

「ありえないはずの東宝作品3D画像」へ戻る